話のタネ

三週間に 一度 

 

 話を する機会がある

 来週の 話を考える・・・

 

  先週は 五穀豊穣 という 高校文化祭のテーマを聞いた。

 「豊穣」  豊かに みのる ということ 

 春にまいた種が 芽を吹き 日ざしとともに 夏を越え 

 秋に その収穫物を 取り入れて 一年を終える。

 種は 耕された土地、肥沃な地で 豊かに 

 みのる

 

 先週から 温かくなり 桜の 開花の便りが 聞こえてきました

 雑草もまた 青い芽を出しています

 通勤途中 グリーンベルトの雑草は どこかツンツンして

 田んぼの 雑草は 丸くて ヤギなら食べれそう

 

 いずれも 「土(つち)」に根を下ろして 育つ

 実は ジプリの世界が好きで

 「人は 土から離れては生きれないのよ。」

 この言葉は 真実だろうと思う時があります

 

 土にも いろいろあって

 人の手が 関わって 手入れされた 土では 丸い葉の

 畑では 野菜が育ち 

 土に 元気があれば 虫の付きにくい 野菜が採れ

 ニンジンも 生で食べても 甘い 味がするのです

 

 土手や河川敷では 萱やツンツンした 葉のとがった

 本当に 雑草

 

 風ばいや てふばいで 運ばれた種も

 いろんな 土地 で 発芽

 隣の 家では 樋 から 雑草が 生い茂って

 野鳩の 糞がたまって の結果

 栄養がいいのか きれいな 緑

 

 人の 心も 同じような気がします

 耕された やわらかい心には 丸い葉っぱの

 荒れた 心には ツンツンした 

 風や 鳥たちが 種を運んできても

 土地に 合った種類しか 育たない

 

 種は いつも まかれているのに

 土地の状態で 芽を出すか 出さないのか

 

 人との 関わりの中で

 いろんな 言葉を 受ける

 心の状態では 

 針先のように 痛く 

 あるいは 暖かい 陽ざしのように 感じてしまう

 

 人に 接する時

 耕された こころでありたいと 願っています。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

気になって(3)

今日は 見かけた

 

 お昼時 食堂へ 向かう彼

 元気なら 何より

 いくつになっても ・・・

 そのお年頃に あった いろいろ

 気になったり 気になったり 気になったり

 

 LINE 

 しませんか とか

 金曜日 空いてますか とか

 天気が いいので 外 行きませんか とか

 妄想・・・の世界

 

 今度 会ったら 何話そうか 

 

 飼主さんには 会えず

 トップの人とは つきあうが

 波長が いまひとつ かみ合わない 

 いつまで持つか

 持たせるか

 

 鎖が 一本増えて・・

 

 今日も 夕暮れ

 夕焼け空に 明日は 雨かな

 

 また 一人の 夜を過ごしてると

 思うだけで ドキドキ してくる

 心療内科 ?

 循環器科 ?

 思春期内科 ?

 

 

 

 

 

 

 

 

気になって (2)

ストーカー

 

 帰り道 アパートの 明かりを 確認

 今日は 一人かなって

 一日

 職場で 出会ったらどうしよう・・

 なんて 話せば 

 

 メール ?

 「こんど 甘いものでも 一緒に 食べませんか ?」と

 送りたい ・・大丈夫か

 すでに ストーカー

 勤務を 確認したい

 帰りは 6時前

 出勤は ・・・

 

 誕生日は 権限乱用で 確認済み 

 聞かれそうだな

 「どこで 知ったんですか?」

 そ それは・・・

 電話番号の時も 聞かれた

 「どこで・・・」

 

 木曜日の人は ネット検索で

 ハグの人も 写真 あった

 検索回数上がりそう

 上位に なって

 

 友達としてなら

 会ってくれるだろうか

 

 

気になって

あれから どうしているだろう

 

 それぞれの 道なのだが

 迷惑になってしまっては

 忖度 思い過ごし

 あまり押すと 引いてしまって

 何かを 利用しているようで

 弱みに つけこむ 悪い人になって しまいそう

 

 それでも 気になる

 そう

 似すぎた 彼のこと

 親子でもおかしくない

 

 すんなり ハグをして 涙して

 手を 回して 

 一昨日は 触れなかったが 

 「あの時は ごめんなさい。」

 「厭じゃなかった?」

 この話には

 触れられなかった

 

 また ハグ

 触れてしまいそうで

 

 今日は 天気が良かったので

 ドライブ でも とか

 タンデムで ツーリングとか

 アッシー君 出来ますよ とか

 言ってしまいそうな

 自分が 怖い

 

ハグさんとの

残っている 余韻が

 

 4時間という時間と

 会話の濃さ 久しぶりに 心を 注いで

 今日は 少し 吸い取られたって感じ

 

 伝えていないのは 

 「今 気になっています。」

 「ずっと 会話していたい。」

 そして 「かわいいね」 

 と思ってしまったこと。

 それが、笑うと かわいいんです。

 

 初めての デートで 聞いてくる 定番のような会話

 いつもは 聞き役なんです・・の彼が

 「いろいろ 話せて よかったです。」と言ってきて

 

 nagiのこと 知りたいふうで

 聞いてきた なぜ この職業に・・

 趣味は 何ですか?

 好きなものは 何ですか?

 ・・について、どう思います・・などなど

 お店の 中では 「どんなふうに見られてるんでしょうね?」

 「友人? 親子? 何でしょうね?」

 それとも 恋人? とは言えない

 会って 二回目だし

 

 ハグ「自分が 年を重ねたら nagiさんのようになりそうな感じです

    似てるんで」と

 nagiは、そうなんだ 思ってしまった

 そう、体形・性格・経歴・例のことへの経験

 似ている・・ 確かに

 B型の ハグさん A型の nagi

 

 昨日、どんな風に 過ごそうって 考えてた 想いが同じで

 初めに ドライブ 食事は そのあとで

 食事を 先にすると 後の時間が 何しようになるから

 そして

 食べようと していたものが お互い トンカツ

 察してくれていたのなら・・

 偶然にしては 出来すぎの感 

 

 ドライブ中 話しかける時は

 必ず 目が合って

 ドキッと した 瞬間

 食事中も 見られていることがわかる

 

 TVドラマの中に 想いを遂げられない 

 一方通行同士の二人が 

 「僕たち 似てますね。」と

 その シーンを 思い出して

 心の中で にやりと して

 

 ハグの彼との 出会いは 本当に 偶然で

 ハグ「そうですよね。」

 nagi「世界は 偶然でできているって、話もありますからね。

    いろんな 選択肢の 集まり 交差の結果が 今。

    職業や職場 止まった信号で、事故にあったり合わなかったり

    その 繫がりで。」

   「この職場を 選んだので 結果 例のことがあって 

    こうして 食事をすることなって」

 この話 を以前 飼主さんに話したとき、

 飼主「そうですね、偶然 通勤途中 バイクのnagiと 運転中の飼主さん

    が 出会わなかったら・・並行走行で、顔をみて・・連絡しましたから。」

 ハグさんには 飼主さんとの ことは 影響があるので 話せない 

 今は ハグさんとの 共通点だけの 関係

 

 nagi「また 職場を離れるかもしれません。」

 ハグ「いてください、止めますから。ここで 頑張りますから。」

 nagi ・・どう答えていいのか、すでに 撤退に傾いているのに

      積極的に 留まる理由がなくて

 

 こうして、二つ目の 鎖で繋がれ

 

 今日も 午前中 部下から 話を聞いて 3時間

 例の件とも 関係があって

 例の件が 引き合わせたような 

 これから どうしたら

 多くが あり過ぎて 

 

 たまごの 薄皮理論からすれば 小さい事なんだが

 切れない 鎖に繋がれて

 

 いっそ 手も足も 鎖に繋がれて

 首輪で繋がれ 

 監禁された方が すっきりしそう

 

 

 

    

   

 

 

  

 

ハグ (4)

終業とともに ドライブ

 

 お互いの 時間を合わせて

 食事までには 時間があって

 ドライブ 2時間

 途中 野生の鹿さんを 数匹見かけた

 タヌキさんは 出会ったことが あるけれど

 鹿さんは 初めて まだ 明るい時間

 お食事なのか 親子っぽい

 今度 カメラに収まってくれないかな・・

 

 車窓に 移り行く景色を 眺め

 途切れることのない 会話

 その時 を共有してしまった 二人

 話題は そこに

  

 nagiは これまでの 人生を 語り

 ハグの人も 心境を 吐露

 nagi「いろいろ ふれていいですか。」

 ハグ「構いません」

 ・・話題の こと

 すでに 3週間の時が 過ぎて

 ハグ「早かった・・そんなに 経つなんて」

 お互いの 共通点は ある話題

 それにとどまらない 会話

 ハグ「この話題は あれからあと 初めて触れてます・・」

 

 同じような 嗜好

 今日、食べたいものが 同じだった・・

 注文での 選択も同じ 思わず 笑み

 ハグ「何が おかしいんですか?」

 nagi「思ってることが 同じだったので・・思わず・・」

 

 話していると 2回目の 出会いとは 思えないほどの

 会話量・・4時間

 食事を 交えながら 

 彼に 安心感を 与えるような 会話

 そして 彼から 「関心が あるんですよね」と

 

 ここで 事故ったら なぜ この二人が 一緒なのかって

 思われますよね・・

 その点で 一致 安全運転の 100㌔

 

 別れ際に 

 nagi「また 行きましょうね。」

 ハグ「心が 折れそうになったら メールしていいですか。」

 nagi「私から メール 時々しますよ。」

 ハグ「ありがとうございます」

 

 しばらくして

 nagi「今日は ありがとうございました。」

 ハグ「ほんと、いろいろ 話せてよかったです。」と

 少しでも 気持ちを 楽にすることができれば 安心

 彼とは 今後も 話ができるかもしれない

 言葉を 紡いでいきたい