不思議な人

不思議な人と言われてしまった

 

 今日 ハグさんから 言われてしまった

 幸せと思えるときは あなたといるときですよ・・と

 以前言った ように 言ったら

 「不思議な 人ですね・・・」

 「そう 宇宙人なんです、地球で暮らす 宇宙人・・・

  早く 母星に帰りたいと思っているのに ・・・」

 「そうなんですか・・」

 「いつか 付き合えないって 言われそうなので・・」

 「そんなことは ありません」ときっぱり言われて

 不思議らしい

 来るべき日の行動を 打ち合わせの日

 まず こうして 次にああして もしこうなったら どうする

 みたいな 打合せ 

 この 一年の集大成の日 お互い 半日勤務にして

 どうなるのか 夕方の状況は 予測不能

 nagiは 傍にいて 見守り役

 主人公は ハグさん

 ハグさんの 次につながる日

 大切な 大切な・・・

 一日

 泣いてしまいそう 思うだけで

 泣いたら ごめんなさい と お互い 言い合って

 

 今朝 雪が降りそうなので nagiは JR通勤

 ハグさんの 通勤時間と重なりそうだなと

 実際 重なって 途中で二人で歩いた 通勤道

 見られてるんだろうが 二人で歩く 道

 毎日 JR通勤すると 一緒になれる

 幸せな時を 過ごせる わずかでも

  

 きょうは コメダで 期間限定のメニューをいただいた

 まったりの 時を過ごして

 かわいい顔を 眺めて 

 少年の姿に 

 スマホを向けて シャッターを切った

 10回以上 来てますよね

 そうなりますかね  

 いつになく 表情が硬い ハグさんに 

 「あなたがいるだけで いいんです。」

 「みんなから そういわれたいな・・」

 「nagiにとって あなたはいるだけで いいんです。

  安心するんです。」

 伝わっただろうか

 nagiの気持ちが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

窮鼠はチーズの夢を見る

また新しい映画 BL

 

 人を好きになって どうしようもない

 それが 同性であっただけで

 考えただけで どうにかなりそうな

 恋の持続 

 

 今日は 朝から調子悪い

 眼前に 眠さと 気だるさと

 気疲れと 緊張と 

 ハグさんとのやり取りにも 気を使って

 疲労気味・・・

 どうなっても いい

 近づく その日に

 

 ハグさん

 存在が 大きくなって

 重い 存在

 離れたら 断ち切ったら 楽になれるのか

 「希望」あなたは 私の希望

 伝えたことがあって

 それほどに 大きくなって

 失うよりは 自分から離れる方が

 その時は 消える選択もありえる

 日差しの中に 消えていく 雪のように

 

 性の劇薬 上映館が近くにない

 窮鼠はチーズの夢を見る 上映されても 短期間

 6月の封切のころ どうなっているのだろう

 his も 短かった 上映期間

 誰かと 行ければ いいが

 

 

 

気になって(70)

普通の立ち位置ですけど・・

 

 もし どちらかが上で 下でだったら

 誘いを 断ったり あそこに 行ってもらいたいなんて頼みませんから

 と 言われて 同じ立ち位置だからと

 

 自分から LINEを ブロックすることは ない と

 言われても・・・前科があるハグさん

 イヤになってしまったら イヤだと 言って 別れた過去を持つ

 いつ 告げられるのか セブンズデイのように 

 7日間 付き合った でも 好きになれなかった・・・別れようって

 一年間 付き合った でも これまでかな ・・これ以上は 迷惑だと

 前を向きたいので ・・・

 前を向くために あなたは迷惑になるから・・・と

 同じ職場にはいられない 逢うと辛くなるから

 心の 準備だけは しておこう 

 

 パラサイトを待つ時間

 ハグさんの 横顔をまじまじと眺めた

 スマホにも 納まってもらって 

 つぶらな かわいい二重

 マリアロードを歌う sano ibuki さんの 横顔に似て

 服装も あんなイメージ

 ロック系なので 化粧とかしないんですか

 しませんねー

 そんな ハグさん よく nagiと付き合ってくれていると

 思う

 彼の気持ちを つなぎ留めるために 必死に気を引こうとする

 少女漫画に出てくる 少女の役

 その役を 演じて 半年になる

 少女漫画に出てくる 少女はやがて疲れて・・・

 王子様に気を引こうと 

 

 この一年 ハグさんとの関係で 語れますね

 ハグさんを 中心に回って 

 そうですよね なんだか・・・

 ハグさんも 同じ思いなのが 何だか 不思議

 見透かされて・・・ 

 役を演じてくれている nagiのために いてくれる

 

  

 

 

映画館の帰り

パラサイトを見て

 

 おかれた環境が 作品を作っていく

 パラサイト 自分たちも ある意味そうなのか

 現在の 職場も そうなのか

 と 思いつつ 車を走らせて

 車の中での会話

 「謝らなければなしません、すみませんでした。」

 「何がですか?」

 「ハグさんを nagiに付き合わせてしまって・・・」

   nagiがそうしたいために ハグさんを付き合わせている

   食事や 映画を餌にして・・・付き合わせて

   慣れさせて それを異常だと感じなくさせて

   気づいていないのか 気づかない振りをしているのか

   そんな 状況を作ってしまったことに 謝りたい・・

 「感謝 の謝って 謝るって書きますよね・・・」

 「それは そうですけど」 

   謝っても この関係は 続くんだろうが

 

 話題が

 ハグさんとの関係になって 

 飼主さんですよ あなたは私の 

 そうなんですか 管理されてると思っていました

 何か 違うような・・・

 飼主の 主(あるじ)の世話をするのが 使用人の役目でしょ・・

 そうだったんですね ずっと管理されてると思ってました

 予定だったり 食事だったり・・・

 ここに 首輪って言ってませんでしたっけ ハグさん ?

 考えこむハグさん

 もう一人は 飼い主さんで 

 二人から 飼われてるんですけど

 じゃあ 対等な立場で 時々役割が入れ替わって

 それなら どうですか

 それなら わかります

 ハグさんにとって nagiは 支配者として見ていたらしい

 それも いつまでか 許される時間だけの 関係

 捨てるのは ハグさんで

 捨てられるのは nagi

 それは 確定

 

 nagiがいつも予定を聞いて

 ハグさんからの提案は ほとんどなくて だいたいnagiからの

 発信・・ここ 空いてますか みたいな

 疲れるんだけどな いつもこの関係だったら・・

 

 バレンタインの チョコレート

 「困ります」 と言われるのかと思っていたら

 素直に 「男からは 初めてです」と言いながら バッグに入れて

 普段通り

 イヤ 「その意味は 」とか 「なぜ」 とか 聞いてきてもよさそうなのに

 普段通り

 今まで そんなシーンがいっぱい ありすぎて 特別ではなくなった ?

 プレゼントに感じなくなって 昨日も

  明日の 昼食に・・と

 パン屋さんで パンを選んでもらって 代金を渡して

 食事 スタバ 映画料金 支払って 飼主さんのために 仕えて

 

 スタバで テーブルに置いた いただいた 巾着を見ながら

 「いいですね・・・」

 「お揃いに しましょうか 買ってあげますよ・・」

 「自分で 買います欲しかったらね 」と

 じっと見つめる ハグさん

 どこを見てるんだろう って時々思う

 スマホを向けて 写真を撮っても 何も言わない

 記憶に 残したくて 

 写していることを 察知してか 何も言わない

 その 行動心理に気づいているはずなのに

 優しい ハグさん

  

 来週 その日に向けて 整理したいことがあるので 時間作ってください

 わかりました・・夕食だけでも一緒にどうですか・・いいですよって

 月曜日に その時をもつ

 その日は

 午後からの 待ち合わせで 

 ハグをした後に 頬か手背、靴でもいいので kiss

 告白出来たらいいな 「あなたのことが 好きです」と

 次の 段階に入れるのか

 それとも kissをして 呆れられるのか

 nagiのこれまでの すべてを話せる人になってくれるのだろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バレンタイン

世間では そういう日

 

 御多分に漏れず 

 ハグさんへ チョコレートを 渡した

 友情の証として 義理チョコレベル

 昨年のバレンタイン まだ ハグさんを知らない時

 どうしてたんだろう 昨年の今頃は

 整理しておかないといけない

 ハグをした日がやってくる

 背中に お互い手を回して

 手のぬくもりを 感じた時

 そこからが ハグさんとの始まり

 

 昨日 夕食の差し入れて

 明日でしたよね 会う予定の日

 何か 予定は

 映画でもいいですか ?

 パラサイト 見たいです・・・

 いつもの 予定で と会話

 

 そして パラサイトを観た

涙のアイコン

いつもにように パンを届けた

 

 21時まで近く お仕事が終わって

 ハグさんに差し入れ

 買った パンと 夕方から焼いた パン

 久しぶりに 焼いた

 分量と 始めて焼くオーブンに戸惑いながら

 ドライイーストが元気がなくて あまり膨らまなかった

 それでも 食べれそうなので

 ハグさんに 届けた 

 「これ 夕方 焼きました・・」

 「手作り ですか・・」

 「はい 食べてもらいたくて」

 「いつも すみません」

 「今日は 疲れました・・・・」

 「あんまり 無理しないでくださいね・・」

 帰りの途中に LINE

 涙アイコン付きで いつもお世話になります

 何も 泣かなくても・・・うれし涙かな

 勝手な 想像

 明日 届けていいですか 何かリクエストがあれば・・・

 その返事は 申し訳ないので何もありません・・

 いらないのではなく 何でもいい・・・と

 

 

関係

同性との関係

 

 異性とは違うなにかの関係

 役割が あるのか ないのか

 同じ役割を 時に入れ替えて 立ち位置が入れ替わる

 同じなのか

 想う 想われる 入れ替わる

 感情もまた 入れ替わる

 同性との 付き合い方 

 homomarriage の経験ないので 想像の域

 

 変わらない 飼主さんとの関係

 鎖で繋がれた nagi

 それも見えない鎖で 

 ハグさんからも 繋いでおきますからと

 二人とも 繋ぐだけで 

 時に かわいがってくれないと

 いつも見ててくれないと

 それを感じない 贅沢なのか

 繋いでもらっているだけでいいはずなのに

 贅沢なのか

 

 「植物図鑑」映画 を見ながら

 「戻っただけ・・・」

 かつての暮らしに 戻っただけ

 その期間は 半年 一年 二年 で

 何事もなかったように 戻る 

 戻るまでに いくらの思いを 紡いでいく必要があるのか

 時に

 戻ることが 出来ないこともある

 相手が お星さまになって

 nagiが 一人になった時

 あなたと 暮らそうと 思っていました と

 そう思っていても 

 いない

 

 伝えたいことは 人がいるときに伝えよう

 相手が まだいるときに・・・

 そうしないと 後悔だけが残って

 

 いつか ハグさんとも

 もとに戻っただけの 関係 赤の他人へ戻る

 そんな時が いつか来るのだろうと

 凹んだときは特に 思う

 だから 今は後悔したくない

 だから 後悔しないように

 思えたことは 実行する 

 その結果には 納得できると思うから

 

 時間遅くなっても 届けたい 

 気持ちと 品物

 それが nagiにできる こと

 迷いのある人は 木の下で 想え

 最善を尽くせと