最後のページ

日記の最後のページを書く時が来た

 

 ハグさんとは 会えないことになった

 「もう 会えそうにない、いろいろ思い出してしますから・・」

 ちょうど 半年前を最後に 距離を置きましょう・・と言われて

 距離を置いた

 LINEでのやり取り 誕生日 クリスマス バレンタイン

 プレゼントを贈って・・

 一方的な 関係で

 

 新年のあいさつとして 今年もよろしくお願いします・・とだけ

 すれ違いざまに 話されて

 多くは話せない 話さない関係になった

 最強の二人に なれそう

 それは 妄想の世界 現実には 距離を置かれた

 

 初めから 会わない方がよかった・・

 そう思い始めた時

 やっぱり 迷惑だったのだと 想えて

 nagiは 米の山に呼ばれている感覚は強くなってきて

 宿った霊が そうさせているのだろう

 年の初めに 少し軽くなっていたのに

 先月の終わりごろから 週単位で強くなってきた

 nagiを 米の山に連れていきたいと

 それは ハグさんへの 復讐なのだろう

 そのために nagiは 利用されて

 そうなんですよね 宿った霊の人へ 問うてみる・・

 明らかな 返事はなくて

 それでも 勁い何かに 引っ張られて・・・

 

 そんなに 時は残されていないのかもしれない

 空っぽの 体を

 動かすだけの 何かが すでに無くなった

 

 そんなに軽い関係だったんですか・・

 別れましょうって 言った時の ハグさんの返事

 あの 夏の夜に 別れていればよかった・・

 今にして思う

 

 時という いたずらに 翻弄された

 この 2年間 一体何だったんだろうって

 それでも 彼には感謝している 幸せな時を与えてくれて

 そう これまでありがとう

 今でも 君のことが 好き

 愛しています

 

 2021/3/20 

このままで

関係はこのままで

 

 一方向の 関係

 職場で会うことさえ 辛い

 時(とき)が 癒してくれるんだろうか

 誰かが 代わりに癒してくれるんだろうか

 

 このままで いると

 このままの関係だと

 日記を 終えることになる

 

 一年半の 記憶を 取り去ってほしい

 そしたら このままで

 何もなかった 前に

 戻りたい

 

 

モンブラン

 毎週 木曜日 に 違ったお店から 調達

 

 ハグさんの 好物なので

 なにやってんだろう・・

 受け取りの LINE

 文字数が 減ってきた

 「ありがとうございます。」

 この前後には 何もない

 食べて 喜んでくれたら いいなって

 それだけ

 

 なに やってんだか・・

 職場で 見かけて

 会わないようにして

 意識しない

 会わない

 姿を見ない

 

 後が 大変だから・・

 

 後が・・

 

スピリチュアル ペイン

それは 痛みの一つ

 

 身体的

 社会的

 精神的 

 そして 霊的・・スピリチュアル

 

 今、この スピリチュアルペインに悩まされて

 頭痛・・・身体に痛みが及んで

 西洋医学でも緩和できない・・

 文明の利器 CTとやらでも 解らない

 初めて 酸素吸入をした

 西洋医学での 治療法らしい

 酸素を しながら

 「地球の くらしはめんどくさい もっと別の星だったら

  楽にくらせたのかな・・」そんなことを考えながら・・

 「無味無臭・・高濃度のためか 全身の筋肉が ぼわーっとしてくる

  あったかいような 感じで これが 酸素なのか・・」

 

 ただ 強弱と時間で変化する 痛みには 一時的だった

 痛みを通して nagiに

 何かを させようとしているのか

 問いかける 

 あなたへ・・ 

 

 あなたは 何をさせようとしているの ? 私の体を使って

 追い詰めるように 何かをさせようとして

 追い詰められるように 何かをして

 今は nagiの身体に影響して

 

 自らの存在を 問いかけていた時 

 いろんなことが重なるように

 影響し合って・・

 

 あなたのこと nagi自身のこと そしてハグさんとの関係

 すべてが 整った・・

 ただ 今ではなさそう

 時を 待って

 

 何のために お前はここに いる ? 

 何のために 生きているのか ?

 もう 役目は終わった・・・

 そうだろ・・

 もう いいんだよって

 言われているような 気がして

 

 ハグさんからは 自分は大丈夫だから

 そんな メッセージを発しているような・・

 自分には 関わらなくていいんだよ 自分の足で 歩めるようになった

 それは それで 喜ぶべきこと

 ただ

 疲れた

 少し 休みたい 

 

うれしいです

飼主さんとの 会話

 

 久しぶりの登場

 nagiと同姓の名前を書くことになって

 nagi「同じ名前 書くのいやですよね・・」

 飼主「いいえ うれしいです。」

 ほかの 職員がいる前で 笑って答える

 なんだか 嬉しそうにしてくれる

 

 前回の 退職時は

 他の職員がいても 泣いて・・

 イヤー そこまで思ってもらっても・・

 振り払って 退職

 愛されることには 疎い・・・nagi

 

   最近 頭痛がしているnagi

 心配をしてくれている 飼主さん

 会うたびに 

「どうですか・・?」

「まだ 痛みます 同じところですけど・・何かあっても 何もしなくて

 いいですから。 事前指定伝えときますね・・」

「いえ 救急病院に 行ってもらいます。」

「それは 断ります・・」

 nagiのことは あなたに お任せします

 それが 飼主さんの 役目でしょ 

 だって 飼主さんなんだから・・

 

 

すべてが想い出に ③ 元の世界へ

戻してあげよう あなたのために

 

 そのためにも 癒されたい

 とある専門家に 訊いてみた 

 それも唐突に

 

 Q 心の傷は どうしたら治りますか ?

 A 時間 それと人に話すことでしょうか。

 

 時が 解決してくれる

 忘れるってこと 記憶が薄れるってこと

 そのうち 消えるってこと

 

 あなたに 笑っていてほしい

 おいしと思えるものを食べて 笑って

 楽しいと思える時間を過ごして 笑って

 それが叶えられるなら・・

 nagiがいなくても

 nagiがいない方がいいなら

 それがいい

 その方が いい

 

 受けた傷は いつか消える

 過去のものになって

 すべてが 想い出に・・・・元の世界へ

 

 

すべてが想い出に ② 離れる

離れてから 淋しいと思える人を選びなさい

 

 これを聞いて 10日過ぎて

 ハグさんに 言って 1週間が過ぎた

 8月21日 以後

 ハグさんのことを 強く思うようになって

 これまでにない 感覚

 会った後が 特にひどい 症状

 

 何をしていても そう

 

 病気と思っても 治療法はなく

 いっそ 二人暮らしでも始めない限り 治りそうにない

 となると・・・

 離れても 離れてからが 一層強く思いとなって

 根治術は ソーシャルディスタンス

      スピリチュアルディスタンス

      フィジカルディスタンス

 完治は 望めない せめて寛解を望みたいが

 敢えて 言えば プラン B

 

 バイクのブリップを握りながら 考える

 暴走 急ハンドル ・・・落下 激突・・・

 どれでもいいような 衝動に駆られる

 ハグさんは 元の生活へ 戻りつつあって

 YouTube Twitter 再開

 淡々と 投稿して 何事も無かったかのように 再開

 

 それを 見ていると さらに

 疎外感を 味わって

 もういいかって なる

 

 役目は 終わったんだよ 君の

 僕は 自分で歩めるようになったんだ 

 遠くから 見守ってだけいてほしい

 だから これ以上 関わらないでくれ・・

 

 こんな 詩が 再開された背景 ? 行間 ? 裏読み ?

 感じてしまう もはや 病気

 そして こんな自分が いやになる

 もういいか・・